Minisforum GK41を購入しUbuntuを導入しました

24時間運用の自宅サーバとしてラズパイ4(4GB)が稼働していますが、もう1台必要となりました。
いろいろと探しましたが、ラズパイ4はどこも売り切れ・・・。フリマサイトでは1.5倍ほどのプレミア価格となっていました。

ラズパイに拘りはないため、ミニPCを探したところほぼ未使用のMinisforum GK41(8GB+256DB)をフリマサイトで見つけました。価格はクーポン込みで19,500円でした。スペックは以下です。

Intel Celeron J4125(4C/4T,4Mキャッシュ,最大2.7GHz)
Intel UHD Graphics 600
DDR4 8GB
M.2 2280 256GB SATA SSD

24時間運用のサーバのためグラフィックスの優先度は低いです。SATAを使用しているため発熱も低く抑えられます。
ファンも標準装備のため、24時間運用には耐えられるだろうとの想定で購入しました。

CPU性能についてPassmarkを調査したところ約3倍の違いでした。

ラズパイ4     1008
Cereron J4125 2993

「プレミア価格のラズパイ4(8GB)+アダプタ+ケース+SDカード」と変わらない金額で、CPU性能が約3倍のマシンが手に入ると考えれば、かなりお得ですね。(今回Windowsは使いませんが、GK41にはWin10Proがプレインストールされています)

Ubuntuのインストール

重大なことに気づきました。有線接続のキーボードが必要です。BIOS画面を起動できません。自宅にはBluetoothキーボードしかない・・・。

以下キーボードをAmazonで急いで購入。有線・小型・日本語配列・安いです。翌日に届きました。さすがAmazon。(Ubuntuが起動すればBluetoothマウスが使用できます。マウスは購入不要です)

改めてUbuntuのインストールです。

まずはWindowsPCでUSBメモリにUbuntuイメージを書き込みます。
書き込みソフトはRufus(Portale版で大丈夫です)がよいでしょう。(https://rufus.ie/ja/)
UbuntuはDesktop版とServer版があります。(https://jp.ubuntu.com/download)
ガチのサーバ運用するわけでもなく、UbuntuのGUIも触ってみたかったので、Desktop版を選択しました。

Rufusでの書き込みは簡単です。USBメモリおよびダウンロードしたUbuntuのisoファイルを選択し、あとはデフォルトでスタートボタンを押すだけです。しばらくすると書き込みが終了します。これで準備は完了です。

Minisforum GK41にUSBメモリを差して、電源ONします。しばらくするとMinisforumロゴが表示されるので、すぐにDELキーを押してください
BIOS画面が表示されたら、USBメモリを選択して起動。再起動後にUbuntuのインストールが始まりますので、画面に従ってポチポチするだけです。特に難しいことはありませんでした。


タイトルとURLをコピーしました