ピアソンVUEでAWS認定試験ソリューションアーキテクトアソシエイトを受験してきました

2019年12月某日にピアゾンVUEにて、AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイトを受けてきました。試験会場は、土日対応していた田町テストセンターです。

試験前日

数日前に試験予約サイトを見たときには、試験当日の10:30から15分刻みで15:30まで予約受付をしていたのですが、前日の12時ごろ試験予約サイトを見たら14:30から15分刻みとなっていました。だいたい24時間前から受付開始みたいです。よって、14:30で試験予約。

試験当日

テストセンター

都営三田線A10出口から徒歩5分くらい。NECのロケットビルを見ながらテストセンターを目指します。メールには15分前には来るようにと書かれているので、20分前の14:10頃に到着。Googleマップの写真を見てもらえばわかると思いますが、雑居ビルです。本当にココ試験場?という感じです。

受付

受付で試験種別を聞かれるので「AWS認定試験です」と答えると、ピアソンVUEの受験規定と受付用紙を渡されます。
・受験規定をよく読みます。理解したら受付用紙に署名します。
・身分証明書(2種類)を求められます。免許証とクレジットカードを提示。
・AWS独自らしいですが、受付に備え付けのPADにフルネームを書きます(電子署名)。
・AWS独自らしいですが、受付に備え付けのカメラで写真撮影。
・ロッカーのカギとメモ代わりに使用できる下敷きのようなブラ板(A3くらい)を渡されます。
・試験開始5分前までは、トイレ・スマフォなどはOK。
・試験開始5分前に声をかけられます。スマフォ、財布、腕時計などをロッカーにしまいます。

試験開始

席に案内されると、受付の方が端末のセットアップをしてくれます。30秒くらい。ディスプレイに試験種別と名前が表示されるので、一緒に確認します。机の上にコールボタンがあるので何かあれば押してくださいと説明があり、受付の方は退室します。
最初の画面には注意事項が表示されるので「確認しました」にチェックを入れて、試験開始となります。

試験終了

全問回答すると見直し画面が表示されます。未回答問題がないか確認ができます。問題番号をクリックすると再度問題が表示されるので、回答に誤りがないか確認し、誤りがあれば修正ができます。
見直しがすべて終わったらに、左下の試験終了を押します。2度「本当に終了しますか?」と聞かれます。その後、10問くらいの選択式アンケートが表示されるので回答。最後のアンケートを答えた後に、合否が突然表示されます。(点数は表示されません。合否だけです。)

退室

合否画面が終了すると画面はブルー画面となります。あれっ?となりますが、これで終了のようです。ロッカーのカギとプラ板をもって、勝手に退室し受付へ。AWS独自らしいですが、試験終了時も署名をします。これで完全に終了です。

帰宅後

試験開始の4時間後にサイトにアクセスしましたが、合否判定は出ていませんでした。5時間後に再度アクセスしたところ合否判定と点数が出ていました。私の結果は以下です。

合否:合格
点数:826点
結果詳細
分野 1: 回復性の高いアーキテクチャを設計する – 十分な知識を有する
分野 2: パフォーマンスに優れたアーキテクチャを定義する – 十分な知識を有する
分野 3: セキュアなアプリケーションおよびアーキテクチャを規定する – 十分な知識を有する
分野 4: コスト最適化アーキテクチャを設計する – 十分な知識を有する
分野 5: オペレーショナルエクセレンスを備えたアーキテクチャを定義する – 再学習の必要あり

感想

ピアソンVUEでAWS認定試験を受けてきた」こちらの方と同じです。ビビる必要はないです。日本語が普通に話せれば、快適に受験できます。英語は不要です。

タイトルとURLをコピーしました